“おいしいね、うれしいね”
そんなふうに会話しながら食べる喜びを分かち合いたい。

はじめて腕に抱いた日から、愛犬との時間は瞬くように過ぎてしまいます。だからこそ、この一瞬が愛おしい宝物なのです。
ずっとまっすぐな心で寄り添ってくれる犬たちに 私たちが できることは、慈しみをもって大切にすることだと 「ゆりかご」は考えます。

愛犬と、すこやかで美しい人生を。
ゆりかごは、食を通して、ご家族とcounterpart(愛犬)の
“世界でたったひとつの物語”がきらきら輝き、内面から すこやかで 幸せな暮らしが紡げますように、お手伝いさせて 頂きたいと願って います。
心と身体の声に耳を傾けよう。
生きる喜びを分かちあおう。

新着情報

2018年5月25日
アカデミー開催

もっと見る

Seasonal Column

2020年 レッスン予定〜ゆりかご第2章のはじまり〜

<2020年のゆりかごレッスン@フローレンスガーデン様スケジュール予定です>

 

2020年からしっかりと陰に入って、心身をゆるめて滋養して

・・・いよいよ再稼働いたします。

ゆりかご第2章の始まり始まり。

ゆりかごを他にはないサンクチュアリにしていきます。

ゆりかごの世界観のなかで、ゆりかごの信念のもとでわが子の為に学びたい、

わが子を守りたい、ご自身も成長したいという、ゆりかごLoverの皆様とともに、学びと実践の時間を紡いでいきたいと思います。

まずは現時点で決定しているフローレンスガーデン様(横浜市あざみ野 工藤建設株式会社)での予定をお知らせいたします。

コースの名前は未定ですが、

奇数月は基礎栄養学、偶数月は薬膳を行います。

連続受講して学びをアップデートをして頂くのが理想ですが、

任意の回をご受講頂く形でももちろん大丈夫です。

原則として、第3日曜日の13:00~16:00。

(※去年よりも開始が30分早まりますのでお気をつけください)

受講料も変わらず5000円(全て込み)です。

座学とクッキングという形式も変更ありません。

クッキングに関しては、基礎栄養学では、ゆりかごワールドらしいメニューを考えています。

薬膳では、テリーヌとパテを専門にレパートリーを増やしていきます。

いずれもお楽しみに♡

<レッスン予定>新型コロナウィルス感染防止対策のため、4月の予定に変更がございます。

※気象事情などで日程、内容が変更になることがあります。

(□基礎栄養学 ◆薬膳のマークで区別しています)

□3月15日(日):膵臓の疾患と日常ケア

→諸般の事情を鑑み、4月5日(日)に変更といたしました。

→更なる社会情勢を受けまして4月5日(日)には開催致しません。振替日につきましては改めてお知らせさせて頂きます。

◆4月19日(日):春の養生→社会情勢を受けまして「中止」とさせて頂きます。

□5月17日(日):神経系の疾患(ヘルニアなど)と日常ケア

◆6月21日(日):土用のケア

□7月19日(日):目の疾患と日常ケア

◆8月16日(日):真夏の養生

おおまかな予定ですが、

お気になる回がありましたら、お早目にご予約くださいませ。

info@yurikago.tokyo.jp

 

 

そして、もう一つの愛すべき拠点。和光市でのスケジュールも、

その他のスペシャルな企画も秘密裡に進んでおりますので、

ゆりかごの今年の企みをお楽しみになさっていただけたらと思います。

「陰」というと、陰気とか陰険とか、陰口とか、、、あまり良くない言葉が連想されますが、本来の陰陽哲学に基づくと、「陰=潤い」なのです。

陰あっての陽。陽あっての陰。どちらか一方では生命は成り立ちません。

去年末におせちの発送が終わったときから、こころと身体を緩め、無理せず、行きたかったところへ行き、会いたかった方に会い、読みたかった本、聴きたかった音楽、観たかった映画など楽しみ、趣味の温泉にも思う存分通い、家族との時間も、ひとりの時間も濃密にして、本当に温まり巡り、潤いました。

そこで、降ってきたのが「my world」という言葉です。

木に花が咲き、実がなり、ちょうや 小鳥や 小さな動物や人が安らいでくれるようなそんな人になりたい。木がしっかりしていたら、集う生き物たちもきっと美しい。

現状として、愛犬のためのレッスン、人のため、犬のための薬膳などなど・・・とにかくいっぱいこの世にはある。

だからこそ、わたくしは

“ゆりかごワールドを大切にしながら、まずは自分自身が楽しんでいこう”と思います。

言葉は不適切かもしれませんが、自由に、わたしらしくゆりかごらしく、ゆりかごにしか出来ないことで突き抜けます。

あまりにも犬が好きで、「恋は盲目状態」に陥りがちな私。

だから、この「陰」の時期に、自分自身を俯瞰できたのはラッキーだったと思っています。

わたしの専門は動物行動心理学。

愛するわが子の健やかさを護るための活動のひとつとして食育も行っていて、それを形にしたのがレッスンでもあるのですが、あくまで座学がメインで調理はお楽しみだという軸は変わりません。

今年はもっとその奥にある神髄を伝えていきたいと思います。

もちろん、レッスンは楽しく和やかに。でも、ときに厳しいかもしれません。だってそれがゆりかごの愛のカタチだから。

どうぞ、ゆりかごLoverの方に集って頂けたらと思います。

犬は魂の片割れ

ゆりかご潤子

http://www.yurikago.tokyo.jp